てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

サーバーを構築するならVPSが断然オススメ!

自宅でLinuxは触ったことあるけど~、VPSには興味はあるけど難しいそうな感じがして~とか思っていて今一歩踏み出せないでいるそこのあなた!VPSを使ってみませんか?

VPSとは何か?

まずVPSとは、レンタルサーバ事業者のサービスの一つで、バーチャル・プライベート・サーバー(Virtual Private Server) の略称で、簡単に説明すると仮想化されたサーバー環境をレンタルして自分の思うがままにサーバーをいじり倒すことのできるサービスのことですね。

 

なぜVPSをオススメするのか?

一番の理由は何といっても「root権限を頂けること」の一言につきます。

root権限とは管理者権限のことで平たく言うとなんでも出来ちゃうんです。

ちょっとでもLinuxを触ったことがある人にとってはこれが如何にすごいことなのかわかると思います。

 

レンタルサーバーを捜しているとき、PHPのバージョンは~、Mysqlは~、容量は~とかいろいろ候補を考えていくと、想定より月額料金が高くなってしまったり、何かを妥協しないと行けなかったりすることが多々ありますよね

また、レンタルサーバーは設定を事業者が設定した内容でサイトを運営していくため、使えない関数やがあったり、やりたいことに制限がかかっていたりで契約してから実は使えなかったなんてことも多々あったりします。

 

一方で、VPSを使用すればなんでも自分の好きなサーバー環境を構築することができます。

またLinuxレンタルサーバーでは得られないサーバの知識やセキュリティ意識がつくので1から構築するのも楽しいですし勉強にもなるため、是非ともVPSを検討してみてください

 

自宅サーバーとの比較してみてどうなの?

これもVPSをレンタルする方にとっては、気になるポイントの一つだと思います。

月々費用が掛かってしまうVPSとは違い、自宅にサーバーを置くのでお安く済むようなイメージがありますよね?

私自身も自宅サーバーをメインに使っている時期もありましたが、実際計算してみるとそうでもないことに気づきます。

今うちにあるのはサーバーといえるか微妙なラインですがRasberry Pi 3がVPNサーバーとして頑張ってくれています(笑)

私が自宅サーバーをやめた理由

①初期費用が高い

あたり前ですがサーバーを用意しないといけません。(安めのものでも20000円くらいから)

ランニングコストがそれなりにがかかる(電気代・通信費)

サーバーさえ用意すればあとは無料のように思えてしまいますが、電気代・通信費などがかかります。

③場所を取る

そもそもサーバー自体がそれなりの大きさってのもありますが、

セキュリティの為、別サービスの開始などもろもろの理由で周辺機器等やサーバーがどんどん増えていくことも・・

結局自宅サーバーとVPSはどっちがオススメ?

先ほど述べた3点の理由から自宅サーバーよりVPSをオススメします。

とは言っても自宅サーバーでしか実現不可能(TVサーバーなど)なこともあるため、自分が何をやりたいかを最優先に考えてVPSなのか自宅サーバーなのかを検討してください。

 

 

VPSのデメリット

先ほど上で自分の好きなサーバー環境を構築と書きましたが、それ故に障害発生時の切り分けが難しいところです。

サーバーが落ちているのか、直近で編集をコンフィグがまずかったのか、そもそもソフトウェアの競合問題なのかなどなど原因が多々あります。

また、多少なりともLinuxの知識が必要になってきます(最近はWindowsServerのレンタル可能な事業者も増えてきてます。)

まぁでも大体Google先生に尋ねてみれば先人達が教えてくれるので案外何とかなったりします。

この辺のデメリットは自宅サーバーで構築しても同じですね

 

 

VPSをレンタルするならどこ?

メリットデメリットを上げましたが私、底辺ぐらまー.NetがオススメしたいVPS初心者にオススメしたい事業者はConoHa VPSです。

当サイトももちろん、ConoHa VPSで運営しております。

 

私自身、レンタルする際にさくらのVPSなど色々なVPS提供事業者の評価サイトを見たり、プランの比較等を行って見たりした結果、決め手になった理由が大きく分けて2つあります。

①プランの変更が自由に行える。

利用者や機能の追加によって段々と重くなってしまうウェブサーバーですが、ConoHa VPSならデータはそのままでメモリの追加等が行えます。

他社だとデータが初期化されてしまったりスケールダウンに対応してなかったりしますが、ConoHa VPSなら自由に行えます。

 

②不要なコストをカットできる

まず、ConoHa VPSは初期費用が無料となっております。

忙しくなって、サイトに手を付けることができないけど月額料金が発生してしまう・・!なんて場合はサーバーのバックアップを取ってVPSを削除してしまえばいいんです。

料金は日割り計算で、解約金等も発生しない為、必要な時に必要なだけサーバーを動かすことができます。

テスト環境の構築や、頻繁にサービスを立ち上げたり潰したりなどを行っている人にも向いていると言えますね。

 

ConoHa VPS に登録してみよう!

上でも書きましたが、料金は日割り計算なので気軽に使ってみましょう!

また最近、ConoHa VPSには新しいプランが登場し、元々は最低月々900円前後の利用料でしたが、月々600円程度で扱えるプランが出来て、さらにお得にご利用できるようになりました。(2016-11-14 現在)

 

 

スポンサードリンク