てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

ファイルアップロード時に出てくる413エラーの解消方法

 

今日は何気なくサイトのテーマでもいじってみようかなと思い、ダウンロードしてきたプラグインをアップロードしようとするとファイルの容量制限に引っかかってしまい失敗してしまいました。

ということで今回は、ウェブサーバーのファイルアップロード時に出てくる容量制限エラー(413)の解消方法をご紹介します。

 

ワードプレスプラグインに限らず大容量ファイルをアップロードする際に413エラーが出てきてしまう場合も下記の対処法で解消できます。

筆者の実行環境

OS:Centos 7.2

ウェブサーバー:Nginx 1.10.2

phpPHP 7.0.12

 

※当サイトはApacheではなくNginxで構築しております。

アップロード時にでてきたエラー

403-error-nginx

アップロードしたファイルが大きすぎますよーとのことです。

Nginxの設定を変更

vi /etc/nginx/conf.d/default.conf

server{}の中に 赤文字の行を追記します。20Mの部分は各自必要な容量に設定をおこなってください。

今回は例として20Mbまで許可としております。

server {
listen 80;
client_max_body_size 20M;
~~~略~~~~
}

 

サービスの再起動を行います。

systemctl restart nginx.service

 

いざ、アップロード!!

php-max-file-size

ありゃ、今回はメッセージが変わりPHPの設定不足で怒られてしまいました・・orz

 

PHPの設定を変更

vi /etc/php.ini

/uproad_max_filesize で検索を行うと799行目あたりに2Mとなっているところを発見したのでこちらも引き上げを行います。

先ほど同様今回は例として20Mbまで許可としてります。

;upload_max_filesize = 2M
:↓
upload_max_filesize = 20M

 

PHPのサービスを再起動

systemctl restart php-fpm.service

 

・・アップロード成功!

最後に

今までアップロードはアイキャッチ画像やちょっとした説明画像くらいにしか使っていなかったので、気にもとめていなかった設定項目ですが、思わぬところで引っかかってしまったので驚きでしたが、サクッと解消できてよかったです。

今回はかなり簡単な設定内容になりますが、忘備録を兼ねて一応記録に残しておきます。

こういう系って一回設定すると以後触ることがない場所なので案外次やる時忘れてたりするんですよね。

 

 

スポンサードリンク