てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

使用しているブログマシンのご紹介

先日、買ってよかったガジェット紹介【2016年】の詳細編の第一弾ということで、MDR-1ABTのご紹介をしましたが、本日はその第2弾!

Asusから販売されているTransBook T100TAMのご紹介をします。

T100TAMとの出会い

こちらの記事でリファービッシュ品ではありますが、秋葉原で「TransBook T100TAM-B-GS」が29,800円という格安価格で販売されていることが紹介されていました。

ゴールドかーと思いつつも実物を見てみるとあまり主張している金色ではなかったため、即買いしました。

もともとWindowsタブレットは持っていたが・・

実は私、もう一つWindowsタブレット持っています。

ドスパラから出ているDG-D08IWという型番のWindowsタブレットを使っていました。

が、動画を見ながらネットサーフィンやTwitterを同時に使いたい私にはスペック不足を感じ、すぐに使わなくなってしまいました。

WindowsタブレットってPCと同じことをやろうとするとそれなりにスペックが必要だったりするんですよね・・

パソコンはメモリが多い方がいい

PCって積んでいるCPUばかりに目が行きがちですが、私の経験則上PCが快適だと感じるのって主記憶装置(メモリ)の量と補助記憶装置(HDDやSSD)の速さです。

補助記憶装置に関してタブレットPCの場合は大体eMMCなので選択肢が狭いですが、主記憶装置の量は4~8Gくらいまで幅広く販売されております。

一般的なWindowsタブレットはメモリ2G搭載モデルが多いですが、買おうと思っているあなた、ちょっとまってほしいんです。

今あなたのPCのメモリ使用量はどれくらいですか?

 

今私がT100TAMを使用しブログを書いていますが、大体4G中半分ちょっとくらい使用してます。

GoogleChromeのみ起動でタブ4個開いています)

T100TAM

もしメモリ2G搭載モデルのPCだともう一杯で激重状態なはずです。

10インチ最高!キーボード打ちやすい!

8インチのときはキーピッチがきつく、タイピングがし辛くてキーボードはおまけ程度でしたが、さすがの10インチです。かなり快適にタイプできます。

軽く持ち運びもし易いため、このブログはほぼT100TAM で更新しています。

 

T100シリーズのコスパの良さ

私が購入したT100TAMもそうですが、現行のT102HAもコスパが高くおススメです。

記憶装置の量やスタイラスペンが付属していることなど順当に強化がされている印象ですね。

基本的にCPU以外はT102HAの方がスペックは上です。(微妙な差ですが・・)

 機種 T100TAM T102HA
CPU

Atom Z3795
1.59GHz

Atom x5-Z8350
1.44GHz

RAM 4G 4G
記憶容量 32 GB 128 GB
無線LAN IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
IEEE802.11ac
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n
重量 570g 540g
幅x高さx奥行 263x10.5x171 mm 259x8.2x170 mm
備考  

スタイラスペン付属

T100TAM

こちらは現行モデル(T102HA)



最後に

ノートPCのように使用するのもよし、キーボードから取り外して使うもよしの万能機、T100TAMのご紹介でした。

 

スポンサードリンク