てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

超オススメのメモアプリ!楽に!ラフに!早く!GoogleKeep

本日はGoogleKeepの紹介を致します。

GoogleKeepとはプラットフォームを選ばず、利用可能なクラウドメモです。

AndroidiOSMac・Windws・Linuxなどでどこでもメモを見たり書いたり出来ちゃうんです。

このソフトはとても便利で私自身今となっては生活に欠かせないものとなってきています。

類似ソフトとしてOneNoteEvernote等もありますが、私は断然GoogleKeepをオススメします。

 

なぜクラウドメモを使うのか

日常生活をしていく中でスケジュールだったり物事の手順だったりなど等メモを取る必要があることって多々あると思います。

一日中ずっと同じ場所にいるってレアな人なら困らないんでしょうけど、自宅や外出先などでいろいろな場所・いろいろな媒体にメモってしますよね。

そうしたとき、「あのときのメモは何で取ったんだろう・・」となることも少なくないですし、メモとして残したテキストファイルや紙のメモをなくしてしまうリスクもあります。

 

クラウドメモを使用して、メモを一元管理することでそうしたリスクを未然に防ぐことができます。

 

なぜGoogleKeepがオススメ?

GoogleKeepはメモを残すという一点に特化されており、無駄な機能がついていないところが個人的にとても好きです。

他のクラウドメモソフトはOfficeとの親和性だったり名刺管理等の多機能を売りにしていますが、それならそれ専用のソフトを入れればよりいいんじゃないかなって私は思うんですよね。

私はメモなんてどれだけ楽に、ラフに、早く、残せるかがポイントなので無駄な機能は必要ないと考えます。

 

あと、KeepはGoogleのサービスなので新規にアカウントを登録したり等の手間がかからないのもポイントですね。

このご時世、Googleのアカウントを持っていない方は珍しいと思います。

 

基本の使い方

書いておいてあれなんですが、直観的なデザインなのでこんな説明いらないんじゃないかってくらいシンプルです。

Use-Keep

メモを入力の部分に書きたいメモを入力するだけで使えます!

 

GoogleKeepには、アプリ版・Web版とありますが、個人的にはアプリ版がオススメです。(画像はウェブ版です)

先ほども申し上げたようにメモは楽に、ラフに、早くがポイントなので

  • ブラウザを開く→メモアプリを開く→メモを書く
  • メモアプリを開く→メモを書く

後者のほうがより単純で使用しやすいですよね

 

ToDO管理ツールとしても使える

私は物忘れがとにかく酷く、それでいてかなりのめんどくさがりです。

今日は仕事帰りに~を買わないと、これが終わったらあとで~をする、などなど日常生活の中で今は必要がないけど未来で必要な情報って多々ありますよね。

私は俗にいうToDo管理ツールと呼ばれるソフトの導入を何度も試みておりましたが、幾度となく挫折しております。

なぜ、導入できなかったかというと先ほども申し上げた通り、めんどくさいんですよね・・

大体のToDo管理ツールはこんな感じです

予定名は?詳細な内容は?場所はどこ?いつやる?繰り返す予定は?繰り返すならどんな条件?いつまで繰り返す?

どう思いますか?当然入力を省略できる項目もあるんですが、一々こんなの入力してられないですよね

 

一方でGoogleKeepだとこんなに簡単にリマインドすることがきます。

Add-Remaind

赤く印をつけたところを選択して必要な条件を入力するだけです。

しかも、Googleのサービスのカレンダーを使用することで日付指定をしたリマインドがカレンダーに予定として表示されるのでこれも便利ですね

また、帰りに駅の近くのスーパーで買い物をしたいなどはっきりとした時間がわからず登録しづらい情報も場所の選択を利用することでスーパーに近づくとGoogleKeepがインストールされているスマホなどに通知が来ます。

私は、場所を選択機能を利用することで予定を忘れることが格段に減りました。

 

最後に

私自身つい最近までEvernoteユーザーでしたが、最近話題になっているEvernoteのプラン内容の変更によって私が考えるクラウドメモの最大のメリットである、どこでもどんな端末でも使用できるという点が、利用端末の台数制限により崩れてしまったため、Keepを使い始めるに至ったわけですが予想以上に私にマッチしてました。

 

みなさんもぜひ使ってみてください!

 

スポンサードリンク