てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

超簡単に物撮り写真の質をアップできる【Foldio2】

ブログで物撮りの機会が増えてきたので、ワンランク上の写真を求めてFoldio2を購入した。

Foldio2がオススメな理由

Foldio2とは簡易スタジオやテントブースと呼ばれる商品で、使用することで写真のクオリティをランクアップすることができる代物だ。

外界のノイズを遮断できる

家などで写真撮影する際、場所ってなかなか確保できないもので気を付けないと背景に被写体以外のノイズが紛れてしまうもの。

写真を撮るためにわざわざ片付けをするのってめんどくさいし億劫・・

 

の写真はわざと物を配置してるが、デスクの上って大抵、ペン立てがあったりモニターがあったりと、物撮りには邪魔な背景が入ってしまうがFoldio2を使えばそんな心配はなく背景のすっきりした写真が簡単に撮れるのだ。

 

また、背景はグレー、緑、白、黒の4種類の背景が用意されており、被写体によって背景を変えることもできる。

※今回の投稿にはグレーの背景を使用

照明により被写体が明るく撮影できる

照明のあるなしは奇麗な写真を撮影するうえでかなり重要な役割をしめている。

そもそも写真とは被写体に反射した光がカメラの映像素子にあたること完成するため、被写体に照明を当てて強制的に反射光を作ることにより、有利な条件で写真を撮影することができる。

 

この2つの画像はどちらも絞り値F4で撮影した画像だが、左の画像は照明が当たっていないため、ISO感度オートで撮影した結果かなりカメラが無理をしてしまっているのでノイズが目立っているのがわかる

  1. 右 F4 ISO感度 500 
  2. 左 F4 ISO感度 10000

また照明は明るさを自由に調節できるため白飛びなども防ぐことができる。

コンパクトに収納できる

先ほど私が使っている一眼レフカメラをなんなく撮影できる大きさなのでFoldio2はかなりの大きさなのがわかると思う。

Foldio2の大きさ

こんな大きな簡易スタジオを常に広げてられるほど私の家は広くない。

 

Foldio2折り畳み

がしかし、このFoldio2は折りたたむことができかなりコンパクトに収納できる

参考になるかは分からないが比較用として家にあったスマートフォンを重ねてみた。

 

ちなみにFoldio2のサイズは

  • 組み立て時  38.1×38.1×38.1cm
  • 折り畳み時  38.1×38.1×2.54cm

最後に

私は一眼レフカメラを普段使っているがこのFoldio2は一眼レフカメラを持っていない方にも自信をもってお勧めできる。

というよりも今回の投稿で使用している画像も照明のところ以外すべてスマートフォンで撮影した画像だったりする。

スマートフォンのカメラってかなり広角レンズなものが多いため、物撮りする際に自分が影になってしまったりすることが多いと思うが、このFoldio2を使用することでそれを防ぐことができる。

 

本当に簡単に写真の質を上げることができるため、私のような商品をよく紹介するブロガーさんはもちろん、ヤフオクやフリマでよく出品する方や、プラモデルやフィギュアが趣味な方などにもオススメな商品だと感じた。

 

写真の質を上げる方法はたくさんあるが、今回のFoldio2はお高いカメラや明るいレンズとはなどよりかなり安価な為、取っつきやすい商品なんじゃないかなと思う。

 

スポンサードリンク