てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

モニターキーボードなしでRaspberry Pi 3のセットアップ

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

つい先日、2台目のRaspberry Pi 3を購入しました。

1台目は自宅サーバーとして頑張ってくれていて、既に生活に欠かせないものとなっているためおもちゃにできなくなっている為、2台目の購入に踏み切りました。

 

2台目はなのですが、初回セットアップは前回やったのが、もう1年ほど前になるのでいろいろと抜けているところもあり忘備録を兼ねてメモをしておきます。

正直ラズパイ3のセットアップなんてもう出尽くした情報で需要も少ないであろうと予想が付くので画像もなしで要点だけをまとめてみます。

 

必要なもの

Raspberry Pi 3 Model B 本体
充電ケーブル microUSB

USB充電用アダプター

2.5A給電が可能なもの
ケース

あると便利

microSD 4G以上推奨
microSDカードリーダー

OSを焼くときに使用

LANケーブル

SSH

microSDは4G以上推奨とありますが、私は16Gのものを使用。

モニターやHDMIケーブル、USBキーボードがあるとセットアップが多少楽になりますが、今回は使わずにセットアップしていきます。

 

カードリーダーやLANケーブルなんかは流用で大丈夫なのでそれ以外を以下にまとめてみました。

 

 

OSの準備(SSHの設定有)

OSのDL

こちらからOS(RASPBIAN)をDL

※別OSが使いたい方は別途入手してください。

  • RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL
  • RASPBIAN JESSIE LITE

2つありますが、RASPBIAN JESSIE LITE を選択。

違いをざっくり説明するとRASPBIAN JESSIE WITH PIXELのほうは、GUIで操作できるけど、RASPBIAN JESSIE LITEはCUIでの操作になる。

今回、筆者の環境ではデスクトップ(GUI)での操作は求めていないため、RASPBIAN JESSIE LITEを選択しました。

まぁここは好みですね。

OSをmicroSDに焼く

ダウンロードしたOSをmicroSDにコピーする必要がありますが、今回はDD for Windows を使います。

  1. DL&解凍後、DDWin.exeを右クリックより管理者権限で起動。
  2. ディスクの選択 → OSを焼くSDカードを選択。
  3. ファイルの選択 → OSイメージを選択(ファイルの種類をddi→ALL Filesに)
  4. <<書き込み<< をクリック
  5. しばらく待つと完了

SSHの設定

前項でOSのインストールは完了しているのですが、2016/11/25よりRASPBIANのSSHが初期設定で無効化されてしまっているようなので有効にしておく

2016-11-25:
* SSH disabled by default; can be enabled by creating a file with name "ssh" in boot partition

RASPBIANのリリースノートより引用

 

どうやら、ブートパーティションSSHというファイルを作るだけで使えるようになるらしい。

モニターとキーボードさえあればRASPBIANの起動後に設定できるのですが、今回は使えないので、私はWindowsPCから作成。

SDカードを開いて一番上の階層にsshという名前のファイルを作るだけ。(メモ帳などをリネームして拡張子を削る)

起動後の設定

LANケーブルを接続後、microUSBを本体にさして給電を開始する。

Raspberry Pi 3 Model Bには電源スイッチはないので、給電後すぐに起動する。

しばらく待つとRaspberry Pi 3がDHCPでIPを拾ってきてくれるので、teratermなどを使いSSHで繋げる。

(IPがわからないのでルーター等の画面からRaspberry Pi 3のIPを特定することをおススメする)

  • ユーザ名:pi
  • パスワード :raspberry

raspi-configより各種設定変更

sudo  raspi-config

・Piユーザーのパスワードの変更

Chagen User Password  より行う

タイムゾーンWifiの設定

Localisation Options → Change Timezone からタイムゾーンの変更をする  Asia → Tokyo

Localisation Options → Change Wi-fi Country から Wifiを使う国の選択

Japan

・SDカードの拡張

Advanced Options → Expand Filesystem

大容量のSDカードを使用しても、初期設定のままでは先頭の 2GB 程度のみの利用しかできなくなっているため、 Expand Filesystemを使い容量を拡張する。

上記の設定を終えたらFinishを押し再起動する。

 

各種ユーザーの設定

パスワードも変えているのでpiをそのまま利用しても良いですが、なんとなく気持ち悪いので新規ユーザーを作成後、piを削除。

sudo su
passwd root
adduser 「ユーザー名」
--再接続--
userdel -r pi

パスワード等の設定が誤っている可能性もあるため、adduserしたユーザーで接続確認を行った後にpiを消すほうが良いと思われる。

vimのインストール

apt-get install vim 
cp /etc/vim/vimrc /etc/vim/vimrc.bk 
vi  /etc/vim/vimrc

cp /etc/vim/vimrc ~/.vimrc でホームディレクトリに個別の設定ファイルを作るのが主流のようですが、私1人で使うものなのでバックアップを取ったら直接初期設定ファイルをいじります。

別PCから設定確認するのが面倒だったのでこちらを参考にさせていただきました。

 

vi /etc/profile
--下記2行を追記
export EDITOR=vim
alias vi='vim'
--
source  /etc/profile

 

ついでにデフォルトで起動するエディターをvimに変更&viでもvimが開くように設定

sudo権限の付与

初期設定ではpiしかsudoができないので権限を付与する

以前書いたこちらを参照

 

Wifi に 接続

こちらは好みで

私の場合は設定完了後にLANケーブルを取り外す予定だったので設定しました。

sudo sh -c 'wpa_passphrase SSID PASSPHRASE >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'

SSID とPASSPHRASE をそれぞれの環境に合わせて変更して実行する。

 

vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

お節介でパスワードが生で記述されているので削除しておく。

再起動後 ip addr コマンド等で無線LANのIPを確認する

 

SSHの設定変更

外部に公開するつもりはないのであまり必要ないかなと思ったのですが一応。

/etc/ssh/sshd_config を編集してルートログインの禁止とポート番号の変更。

最後に

とりあえずこれくらいですね。

あとはTCPWrapperで接続端末を制限したりなどなどはお好みで。

 

 

スポンサードリンク