てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

ソニーがやってれた!化け物スペックのスマホを発表【Xperia XZ Premium】

ソニーモバイルコミュニケーションズが2017/02/27にMobile World Congress 2017において、スマートフォンXperia  X シリーズの新商品4機種を発表しました。

4種とも魅力的な商品なのですが、特筆すべきはやはり Xperia XZ Premium です。

 

Xperia XZ Premium

スペック

端末紹介恒例のカタログスペックのご紹介

CPU Snapdragon 835 (8コア)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.5型4K HDR  全面背面共にCorning Gorilla Glass 5
バッテリー 3,230mAh
カメラ 1,900万画素 1/2.3インチ Exmor RS for Mobile 、MOTION EYE
外部接続端子 USB 3.1 Gen1

 

新世代ハイエンドSoCの Snapdragon 835 を搭載

Snapdragon 835はCES2017でクアルコムが公開したので記憶に新しいですが、こちらのCPU、前ハイエンドSoCであるSnapdragon 820と比較した際、CPUの処理性能は20%、グラフィック性能は25%の向上しており、それでいて消費電力25%カットに成功したそうです。

また、LTE通信の下り速度も向上しており、最大1G通信に対応しています。これにより後述している4Kのコンテンツが数秒間でダウンロード可能となるなどSnapdragon 820と比べかなり強化されていることがわかります。

 

まさに化け物CPUなのですが、なんとXperia XZ Premiumに搭載しているようです。

 

4K HDR対応ディスプレイ

世界初! 4K HDR対応ディスプレイを搭載しています。

 

HDRではソニーが出している4K対応スマホといえば Xperia Z5 Premium なんかもありましたが、こちら写真や動画などの再生時など限定的な用途でのみ4K出力可能となっていましたが、Xperia XZ Premiumではどうなのかが気になるところです。

 

Amazonのプライム・ビデオと協業

Amazonと協業することにより、モバイル向けとしては初めての4K HDRコンテンツが配信されるそうです。

 

カメラもパワーアップ

新開発のExmor RS for mobileセンサーを搭載しており、最大960fpsのスーパースローモーション機能を実現しました。

さらに、自動的にシャッターが押される直前の画像を4フレーム分保持しているので、シャッターを切るのが少し遅れてしまっても安心とのことです。

このカメラの機能をMotion Eyeと呼ぶそうです。

最後に

クアルコムの8コアCPUといえばSnapdragon 810の黒歴史を思い出しますが、カタログスペックや紹介をページを見ると非常に魅力的な端末で今すぐにでもほしい!と言える端末です。

発熱やらが気になるところですが、Snapdragon 810の登場からもう2年経ったので進歩した発熱対策に期待です。

 

最後に一言、早く買わせてくれ!

スポンサードリンク