てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

わかるマニュアル撮影!デジタルカメラのシミュレーター

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

 

本日は、分かりづらいマニュアル撮影を直観的に理解できるシミュレーターのご紹介です。

最近のカメラはなんでも自動でやってくれますが、マニュアル撮影をやってみませんか?

写真を撮るために重要な3つの要素を理解することでより今よりもっと写真撮影が楽しくなるかと思います。

3つの要素とは

露出

3つの要素を理解するために切っても切り切れないのが露出です。

露出とはカメラのイメージセンサー(撮像素子)に光が当たることで、それによって写真ができます。

これから説明する3つの要素とは光を調節するための要素です。

シャッタースピード

イメージセンサー光を当てる時間のことです。

シャッタースピード早くなればなるほどシャープでクッキリした写真ができますが、当然光があまり当たらなくなるため暗い写真になってしまいます

 

②絞り

センサーに通す光を調節することを言います。

F値と呼ばれ、この値が小さくなればなるほど光が良く通り、明るい写真ができます

また、F値の変化によってピントが合う範囲が変わりF値が高くなるとより広範囲にピントが合い、逆に低くなるとピントが合う範囲が狭くなります。

このピントが合っている範囲のことを被写界深度といいます。

ISO感度

F値を下げてもシャッターを開けても光量が足りない!

そんな時に手助けをしてくれるのがISO感度です。

ISO感度を上げることで電気信号を増幅させ、明るい写真が撮影できます。

ただしこれにはデメリットがあり、ISO感度を上げ過ぎると電気信号が増幅したことによるザラザラとしたノイズが写真に現れてしまいます

 

シミュレーターで実際に試してみる

3つの要素をぼんやりとでいいので理解した上でこちらのリンクを開いてください。

 

デジカメシミュレーター

シミュレーターの使い方

写真を撮影する際の設定を行う

  • Light:光の量を調節
  • Aperture:絞りを調節
  • Shutter:シャッター速度の調節
  • Sensor:ISO感度の調節

露出をチェック

先ほどの4項目を設定するとExposureのメーターが自動的に動きます。

写真が暗すぎないか、明るすぎないかのチェックが行えます。

メーターが左に動くと写真が暗く右に動くと明るい写真が完成します。

撮影

TAKE PHOTOボタンを押すと写真が完成します。

 

いざ、シミュレート!

使い方も分かったところで、さっそく使ってみます。

 

晴れの場合

環境(光の量):Full Sun(晴れ)

 

設定1
  • Aperture:f/2.8
  • Shutter:1/4000
  • Sensor:100

背景ぼけ 

設定2
  • Aperture:f/11
  • Shutter:1/500
  • Sensor:400

背景くっくり

 

同一の条件化での撮影ですが、設定が違うだけでこうも写真の印象がかわります。

また、ISO感度400で撮影した写真はポツポツしたノイズが発生しているのがわかります

もし曇りだったら・・

環境(光の量):Sun & clowd( 曇り)

設定1
  • Aperture:f/2.8
  • Shutter:1/4000
  • Sensor:100

曇り-背景ぼけ

設定2
  • Aperture:f/11
  • Shutter:1/500
  • Sensor:400

曇り-背景くっくり

 

どうでしょうか?

曇りの場合、写真が暗くなってしまいます。

 

この暗さを解消するためにはISO感度を上げるか、シャッタースピードを落とす、F値を上げるなどの方法がありますが、いずれにしても晴れの日と同じ写真を撮ることは不可能です。

明るいレンズを買おう

室内や曇りの日など悪条件化で明るい写真を撮ろうと思った場合、F値を下限まで下げてもまだ写真が暗いって場合があると思います。

かと言ってシャッタースピードを落とすと手振れしやすく、ISO感度を上げると写真がノイズまみれに・・

なんてときのために明るい(F値の低い)レンズを1本持っておきましょう。

 

明るいレンズがあると写真撮影が本当に楽しくなります。

基本的に明るいレンズはお高いのが難点ですが、50mmあたりの単焦点レンズはどのカメラメーカーからも控えめな値段で売っており、悪条件でも明るい写真が取れたり、一眼レフ独特のボケ味などが気軽に楽しめておすすめです。

最後に

マニュアル撮影は難しいけど面白い

このシミュレーターは動いているのが被写体のみなので実際は手振れだったりいろいろな要因で失敗写真を量産するかと思いますが、オートモードに頼らずマニュアルでバッチリ意図した写真が取れたときの感動は素晴らしいです。

スポンサードリンク