てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

2017年も終りなのに今さら私がMacBookPro Early 2015を購入したわけ

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

 

さっそくですが、型落ちのMacBookProを購入し念願のMBPデビューを果たしました!!

(これでスタバでドヤれますね。)

 

購入したのは2015年モデルの13.3インチのMacBookProです。

基本的に新しいもの好きな私が2017年も終わりも近いですが、なぜこのタイミングで2015年モデルのMacBookProを購入に踏み切ったのかをだらだら書いていきます。

(以下MacBookProは長くて打つのが大変なのでMBPと表記します)

新型と比較しMBP 2015年モデルはココがいい!

USB タイプA端子搭載

MBPの2016年モデル以降はタイプCタイプのみの採用で今まで所持していたマウスなどのPC周辺機器がタイプC→タイプAのアダプターを介しての使用となってしまいました。

 

普段のネットサーフィンなどの利用時はトラックパッドの方が便利なのでマウスは使いませんが、プログラミング時や文章作成時など範囲選択を多用する作業にはちょっとトラックパッドでは作業し辛く感じてしまうのでマウスを使いたいって場面が多々あるんですよね。

 

必要な時に、さっとマウスや外付けHDDを接続したりなどのフットワークの軽さを重視しました。

 

新型のキーボード打ちづらすぎ問題

MBPの2016年モデル以降は第2世代バタフライ構造のキーボードが搭載されていますが、これが打ちづらすぎる・・・!

 

家電量販店などで2016年や2017年モデルのMBPを触った事がある方ならわかると思いますが、従来のMBPや他のノートPCのようなキーボードとは違い、マウスのクリックのようなカチッいう感じの打鍵感のキーボードに変更さたことによってキー入力が叩くというよりは押し込むに近い感じになっております。

 

MBP買うか悩んでるんだよねって何人か知り合いに相談したところ使ってれば慣れる派と新型の浅いキーストロークは長文入力の際に疲れる派の2パターンでした。

 

かなり悩みましたが私の場合、用途はブログなどの文章作成が主になるため、キーボードの打ちやすさってかなり使い心地に影響すると思ったのでこちらも重要な選定ポイントでした。

SDスロット搭載

SDスロットが搭載しているため、簡単にストレージの増設ができてよいです。

データ置き場として使っていますがあまりIOの速度は重視してないので、使わなくなったデジカメで使ってるSDカードを有効活用しています。

ただ通常のSDカードは出っ張ってちょっと見た目が悪いので、JetDrive Lite の購入を検討中です。

最後に

打鍵感だったりUSBだったり本当に細かなことですが、普段使うものってちょっとした不満点が買い替えの要因だったり使わずに放置になったりするので、私は2015年モデルを選びました。

まだ買ったばかりですが今のところは概ね満足しています。

使い心地とかレビュー記事は現在下書きに放り込まれていてちょっとずつ書いているところですが、公開はまだまだ先になりそうです。

スポンサードリンク