てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

【KS-PRO】ARM版Windows10搭載UMPCが早くも出資者募集中

去年の年末、WinHEC Shenzhen 2016にてMicrosoftQualcommが開発していることを発表いたしましたが、INDIEGOGO(クラウドファウンディング)にて早くもARM版Windows 10搭載のクラムシェルノートの出資者の募集が始まりました。

 

出資を募っているのは、Khiron-Sigmaというロンドンの企業で、KS-PROという名の8.2インチのUMPCの開発を行っているようです。

KS-PRO

KS-PROとKS-PROID

KS-PROはARM版Windows10搭載モデルですが、派生モデルも存在し、AndroidOSが搭載されたモデルも同時に出資者を募っております。

 

スペック等はこちら

機種名 KS-PRO KS-PROID
搭載OS ARM版 Windows10 Android Nougat
プロセッサー Snapdragon 835 Snapdragon 835
モリー 8GB 8GB
ストレージ 128GB 128GB
バッテリー

10307mAh(12時間稼働

Quick Charge 4.0

10307mAh

Quick Charge 4.0

ディスプレイ

8.2インチ (2560*1440

タッチパネルなし

8.2インチ
入出力端子

USBタイプC × 2

USB3.1

3.5mmオーディオジャック

USBタイプC × 2

USB3.1

3.5mmオーディオジャック

その他

キーボード

トラップポイント

キーボード

トラップポイント

価格 600USD 450USD

やはりWindows10版がメインなため、Android版の情報が少ないですね。

バッテリーの持ちなど情報が追加され次第追記します。

日本ユーザー向け製品もあり

KS-PROには日本語版が用意されており、108日本語キーボードが搭載され、モバイルバッテリー付きの専用ケースも付属されるとのこと

技適も取得予定とのことで海外製品にありがちの電波法の問題もクリアできてそうだ。

最後に

去年GPDWiNがヒットしたこともあり、GPDPocketを筆頭に今年はUMPC(ミニノートPC)の1年になりそうですね。

 

クラウドファウンディングの記事を書くときには毎回書いておりますが、出資=購入ではないため、出資する際にはクラウドファウンディングの特性をよく理解した上で出資することをお勧めします。

 

スポンサードリンク