てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

新しくなったKindle Oasisは防水になりより快適な端末に

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

 

今日はAmazonより販売のKindle Oasisの新モデルのご紹介。

Kindle OasisといえばAmazon電子書籍ビューアの最上位機種ですが、2017年10月31日に新モデルを発売します。

Kindle Oasis 2017の変更点まとめ

防水対応(IPX8等級)

水深2メートルまで最大60分耐えられる防水を備えています。

紙の本をお風呂場で読むとふやけてしまうのでKindleが防水に対応するのは嬉しい変更点です。

内蔵ストレージのラインナップが変更(8GB / 32GB)

従来品は、4Gモデルのみと漫画やイラストが多めの雑誌などを読むには容量的に厳しいといった印象でしたが、32Gモデルがラインナップに登場したため小説メインではなく色々なKindle電子書籍コンテンツが楽しめそうです。

 ディスプレイサイズが大きく(6インチ→7インチ)

従来品とは300ppiと解像度に変更はありませんが、ディスプレイサイズが一回り大きくなり6インチから7インチに変更されています。

バッテリーが数ヶ月→数週間利用可能へ

バッテリー持ち悪くなってんじゃない!?と思われがちですが、実はこれバッテリー付き専用ケースが廃止になったことによる変更で、ケースなしでの運用時はバッテリー持ちはよくなっています。

防水化によってケースを外して利用することも多くなることが予想されるため、個人的には嬉しい変更です。

また専用ケースは別途購入することができますが、従来のようにバッテリー付きの商品はなくなりました。

重量に変更(131g→194g)

ディスプレイサイズの変更と内臓バッテリー量の増加に伴い重くなってしまっています。

最後に

防水になり、サイズも大きくなっておりより使いやすくなった印象の新型Kindle Oasisですが、現在予約受付中途なっております。

プライム会員限定で4000円オフのクーポンも使えるので詳しくはこちらをどうぞ

スポンサードリンク