てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

GPD WIN 2 は買いなのか?を考えてみた

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

 

 

12月14日についにGPD社よりGPDWIN 2が発表となりました。

2018年1月15日よりIndiegogoにて出資を募るとのことですが、まだ出資開始まで時間もあるので情報の整理がてら買いなのか?を考えてみます。

 

スペックなどGPDWIN 2 に関する記事はこちらをどうぞ

[blogcard url="http://teihengrammer.net/gpdwin-2-release"]

旧型機と比較し大幅パワーアップが見込まれる

新型であるGPD WIN 2は、Core M3 7y30  に RAM8Gと搭載とかなりのスペックアップで、遊べるゲームの幅もかなり広がりそうです。

遊びたいゲームが動くかどうかは「 Core M3 7y30 ゲーム名 」などで検索してみると参考になるサイトが見つかるかもです。

反面消費電力はあがっているため、バッテリーの持ちなどには不安が残りそうでしたが、バッテリーの積載量も増え、6700mAh →  10000mAhとなったので安心ですね。

価格は上がると予想

液晶・RAMなどの大きさが違うためなんとも言えないところですが、同等なCPUを搭載したスペックのタブレットはこの辺りで価格は7〜9万円といったところなのでGPD WIN 2もそれくらいの価格になるのではないかと思います。

結局買いなのか?

まずやることを明確にしましょう。

持ち運びできる小型タブレットとしての用途なら従来機でも問題ないと思いますが、ゲーム機として購入するのであればスペックが高い新型を迷わずGPD WIN 2を選択することをおすすめします。

とは言え発売日後1年以上経過しているGPD WINですが、携帯機としてはまだまだ高スペックに部類されるためやるゲームによってはGPD WINでも十分な可能性があるためそういった意味でも明確にするのは重要と言えるでしょう。

スポンサードリンク