てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

【GPDWIN 2】3DS LLサイズUMPCの新型が今年末に発表予定!!【2017年末】

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です

 

当ブログでも何度か紹介したGPDWiNですが、今年の年末(2017年末)に後継機であるGPDWIN 2が発表予定となっております。

GPDWiNは3DSLLほどのサイズのWindows10搭載のPCで、小型でありながらもAtomの上位クラスCPUに、コントローラー一体型キーボード搭載とゲームをやるのにピッタリな小型端末です。

GPDWiNを詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

www.teihengrammer.net

スペックの変更点

機種 GPD WiN  2 GPD WiN
CPU Core M3 7y30 Atom x7-Z8700
OS Windows 10  Windows 10 
メモリ 8GB 4G
ストレージ容量 128GB ( M.2 2242 cardで交換可能 ) 64GB 
バッテリー 10000mAh

6700mAh

その他 冷却用ファン、コントローラー、m.2スロットを搭載

冷却用ファン、コントローラー

変更点あるところのみで表に列挙してみました。

従来機の所持者にはわかると思いますが、冷却用ファンが搭載されていたとは言え結構熱を持ってしまっていたので、GPD WIN2になってm.2スロットを搭載とさらに熱源が搭載れさているので気になるところです。

また マイクロSDスロット の速度向上なども行われているようです。

 

一部デザインや機構を一新しより快適に

ヒンジ部分のインターフェース配置が変更

GPDWiN 2ではヒンジ部分にR3・L3が配置される予定みたいです。

確かに無印GPDWiNでは押しずらい位置にL3・R3が配置されていたのでこれはうれしい変更点ですね。

 

スティック・ボタンの位置が交代

こちらがモックアップ画像。

スティックと方向キーの配置が逆になっていることがわかります。

eMMC → M.2 2242ストレージになり換装可能に

eMMCの場合は故障した場合泣くしかなかったところが、新型は M.2 2242 になったので外部から換装可能です。

排熱対策もパワーアップ

冷却機構がタブレット型からノートPC型に変更になりより冷えるようになっています。

また、バッテリーの搭載位置を見直したことによってバッテリーに熱が移らなくなったとのことです。

最後に

ヒンジ部分の画像を見る限り多少分厚くなるのかなといった印象です。

M2スロットや廃熱対策により止む無く分厚くなったのかと思われますが、GPDWiNはちょっと薄くグリップ感が足りないと感じたので分厚くなるのは個人的には良い変更かなと思います。

すでにフォーラムではベンチマーク結果なども公開されていたりしてより期待が高まります。

 

その他詳しい情報はこちら

 

 

--追記---

当記事公開時は2017年末に販売予定と書いていましたが、2017年末発表予定の間違えでした。

現状価格や発売日に関する情報は開示されていないようです。

 

 

スポンサードリンク