てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

あの超小型PCのGPDWiNがパワーアップして新リビジョンに

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

 

個人的にはある意味最強と言っても過言ではないくらいはまるひとにはドはまりする良ガジェットのGPDWiNですが、実はこの製品バージョンアップを繰り返し、少しずつ強化されていることをご存知でしょうか?

 

 
 
 
GPDWiN2の情報はこちら

www.teihengrammer.net

 
 
 

1つ目の強化!入力機器の改良

こちらの強化は2か月くらい前から実は行われていましたが、当ブログでは取り扱っていなかったため一応おさらい。

ゲームパッドのシリコンパッドの改良

十字ボタンとXYABボタンに使われているシリコンパッドをより品質の良いものに取り換えたそうです。

これにより強度、保持力、弾力性が向上し、壊れにくくなったことに加え、押し心地もアップしているようです。

私の使用の範囲では現象は確認できていませんでしたが、初期型のGPDWiNではボタンの誤作動が報告されていたようですが、シリコンパッドの変更により誤作動発生の確立も格段に下がったとのことです。

 

キーボードに使われているスイッチの改良

キーボードの下にある部品の改良により、以前のスイッチと比べてクリック感が向上し、キー押し込み時の反応も良くなっているようです。

 

 

英文ですが、詳しくこちらを参照してください。

ほかにもファームウェアのアップデート情報などが記載されています。

 

2つめの強化!CPUが新ステッピングに

なんとCPUにIntel Atom X7 Z8750 が採用されています。

実はこのIntel Atom X7 Z8750 モデルのGPDWiNは一部市場に出回っているため、GPDWiNがクラウドファウンディングに出たころよりわくわくしながら見守っていたユーザーさんは強化?ってなると思いますが、実は2017年3月頃より再び8750モデルが登場しているようです。

 

最後に

もうGPDWiNの記事については書き尽くした感があり、もう記事を更新することもないだろうと思っていおりましたが、入力機器の品質向上に続き、CPUのパワーアップまで行われていたため新リビジョンの内容を纏めてみました。

 

これから購入を検討される際には、新旧バージョンを間違えないように注意が必要です。

スポンサードリンク