てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

GOLE1 の8インチモデルが登場!?【GOLE 1 Plus】

2016年に大きな話題になった5インチWindowsタブレット機の GOLE1 ですが、新モデルのGOLE1 Plusが早くも登場。

新モデルといっても小型端末ではなく、8インチという万人向けのサイズでありながら、豊富なインターフェース搭載というコンセプトはそのままで作られている。

中国の通販サイト(Gearbest)で現在予約受付中。

GOLE1 Plus

 

GOLE1との比較

GOLE1 と GOLE1 Plusのスペック表はこちら(赤字が優れている点)

  GOLE1 Plus GOLE1
OS

Windows 10 Home

 

Windows10Home

Android5.1

CPU Intel Atom X5-Z8350 Intel Atom X5-Z8300
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
ディスプレイ 8インチ(1,280 x 800) 5インチ(1,280×720)
ネットワーク

802.11 b/g/n

Bluetooth 4.0

802.11 b/g/n/ac

Bluetooth 4.0

入出力 USB3.0USB2.0 × 2、HDMI、LAN(RJ45)、microSD、3.5mm オーディオ USB 3.0、USB 2.0 × 3HDMI、LAN(RJ45)、microSD、3.5mm オーディオ
バッテリー 6,000 mAh 2,600 mAh
サイズ 198.6 × 136 × 27 mm 、 660 g 135.4×90.4×20mm、200 g


バッテリー容量の増加

サイズの増加に伴いバッテリー容量が増加している。

GOLE1はお世辞にもバッテリー持ちのよろしい端末とは言えなかったためこの強化は純粋にうれしいところ。

USB2.0 端子が1つ消えている

GOLE 1 の売りだった豊富なインターフェースの1つが削られてしまっている。

うーん、残念・・

デュアルブートなし

Android 5.1のデュアルブートがなくなってしまっている。

GOLE1のときもそうだったがこの端末を買うユーザーはWindows目当てで買うと思われるので、あまり気にはならないが無くなるのは寂しい。

11acは未対応・・?

販売ページを見てもどこにも11ac対応の文字は見当たらなかった。

 

最後に

なんだろう。無印GOLE 1を見てなかったら手放しで喜べたはずなのに、無印GOLE 1がよかっただけに今回のGOLE 1 Plusはちょっと残念な感じ。

とは言え面白い端末であることは間違いないので、私的には発売されるまで様子見といったところ。

発売されてからいい意味で手のひら返しができることを期待したい。

 

中国の通販サイト(Gearbest)で現在予約受付中

スポンサードリンク