てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

ドラゴンクエスト11は間違いなく神ゲー

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

かなーり久々の投稿です。

実はここ数日は暇だったのですが、ブログを更新せずに何をやっていたかというと、、、ゲームをやっていました(笑)

ゲーム熱が再熱しまっいたところにDQ11が発売してしまったため、ブログも更新せずに発売日より合間時間を縫ってコツコツプレイしておりましたが、ついにクリアしました。

感想とか書いていきます。

システム

DQ11PS43DSの2ハードで販売されており、私はPS4版でプレイしましたが言われているほど3D酔いテンポの悪さも感じられず楽しめました。

ただ、デフォルトではオンになっている戦闘中に自由に動ける設定はオフにしたほうが従来のコマンド選択式の戦闘になるのでよりドラクエっぽさを感じられます。

 

 

難易度

縛りは未プレイな為深くは語れないですが、それほど難易度は高くないです。むしろ低めに感じました。

というのも、錬金で武器や防具などを作ることができるのですが、この武器や防具がなかなかに強く、ストーリーをやっていくうえで町で武具を買う必要がほぼなく、敵が強いので資金をためて装備を整える or レベルを上げるというプロセスがあまり必要がないように感じました。

ただ、クリア後はダンジョン攻略に求められる推奨レベルが上がるため、それなりにレベリングが必要だったりします。

BGMについて

旧作のアレンジBGMが各所で流れており、懐かしい気持ちとともにプレイできました。

逆にドラクエ11のオリジナル曲の印象が薄くなってしまいましたが、過去の良い曲を使いまわすというのは個人的に好印象です。

早くサントラでないかな・・

感想

ネタバレなしでここで語れるのはベロニカが可愛かったということくらいしか伝えることができませんが、ここまで思いで補正をついてくるRPGはなかなかにないです。(もちろん未プレイでも楽しめます。)

久々に良い!と素直にお勧めできるRPGでした。

 

DQシリーズは10以外はプレイしていますが、間違いなく上から数えたほうが早いです。(明確な優劣は自分の中にありますが、ここに書くと荒れてしまいそうなので・・(笑)

 
 

では、そろそろネタバレを書いていくので未プレイの方

 

 

----ここからネタバレ含む-----

3の冒頭のシーンが流れたり、竜王の先祖?っぽいキャラが出てきたり、ラスボスが闇の衣をつけてたりと、ロトシリーズスキーにはたまらない作品でした。

 

ファンサービスだけではなく、シナリオもしっかり作りこまれており、涙腺がよわくなってきたアラサーのおっさんにはつらいものがありました。

 

特に裏シナリオがよくできており、従来のDQシリーズはクリア後には基本的に裏ダンジョンが解放されてボスを倒すくらいしかやることがありませんでしたが、今作は裏まで含めて表シナリオだと言えるほどクリア後のシナリオが作りこまれておりました。

 

表をクリアしたところでサブタイトルである”過ぎ去りし時を求めて”を回収し、表では旅の途中で主人公らを助け亡くなってしまったベロニカを助けるという激熱の展開。

 

過去には戻るものの主人公はクリア後のレベルのままなので、クロノトリガーでいうところのニューゲーム状態で表のラスボスと戦い、タイムパラドックスを起こすという個人的に大好物な展開。

 

プレイ時間は51時間で表エンドを迎え、70時間で裏エンドを迎えました。

 

まだ余韻に浸っている状態ですが、これをやってDQ3をやりたくならないやつはDQファンじゃない!ってことでスマホ版のDQ3を買ってプレイしています。

スポンサードリンク