てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

想像以上の快適さ!Magic Trackpad 2を購入

本日はAppleMagic Trackpad 2 の商品レビューです。

 

先日Macを購入する際に相談に乗ってくれた知人Mac miniを買ったこと、快適に使えていることを伝えました。
その知人も含めてなんですが、大抵のMacユーザーに「おすすめのMacは?」って聞くとMacBook proだったりairだったりとノートパソコンタイプのMacを推してくるんですね。
そこで理由を聞いて見ると「付属のトラックパッドが超便利だ」と皆口を揃えていってくるんですね。

据え置いて使用するMac miniにはトラックパッドは付属してはいないんですが、そこまで皆がいいというトラックパッドがどれほどいいものなのかが気になり、別途購入してみました。

使用感

ジャスチャーが便利

ジャスチャーが便利とにかくこの一言につきます。
中でも私がこれはいい!と思ったジェスチャーをいくつか紹介していきます。


Launchpad(親指と 3 本指でピンチ)

Windowsユーザーのころはアプリさっとを立ち上げるためにランチャーと呼ばれるソフトを入れておりましたが、MacにはLaunchpadと呼ばれるランチャーソフトが初期から入っており、これをMagic Trackpad 2のジェスチャーで呼び出せます。
どこの画面からでもさっと必要なソフトを立ち上げれるため、かなり作業が効率化されました。

フルスクリーンアプリケーションを切り替え(4本指で左右にスワイプ)

仮想デスクトップを切り替えることができます。
これを活用することに画面がゴチャゴチャせずこちらも作業が効率化に繋がります。

App Exposé(4本指で下にスワイプ)

仮想デスクトップを使用していても忙しくなるとそれでもゴチャゴチャしてきます
そんな時、App Exposéを利用すれば目的のアプリを一瞬で見つけることができます。


ネットサーフィンがかなり快適に

これもジェスチャーの話と似ているというかそのまんまなのですが、これはだけは言わせてください(笑)
特に快適になったのはネットサーフィンです。
2本指でスクロールや戻る進むなどのジェスチャーを行えるためかなり楽です。
ピンチで拡大などスマホなどと共通のジェスチャーも存在しており、直感的な作業ができます。

 

場所を選ばない

マウスと違い、平であることやある程度移動範囲の確保が不要なため膝の上でも、キーボードの奥でも、パソコンから離れた場所でも使用できます。

ノートパソコンのトラックパッドって大体キーボードの下についてるのでブログやメールなどの長文を書いてるとき知らず知らずのうちに触れてしまった別の場所にカーソルが動いてしまうことってありますよね。
Magic Trackpad 2なら場所を選ばないので文字を打つときは触れないところにおいて操作するときだけ手前にもってくるようなことも可能です。
MacBook系に付属しているトラックパッドだと動かせないのでこれはMagic Trackpad 2ならではのメリットですね


バッテリーの持ちがいい

バッテリーは無線化には避けては通れない問題です。
ですが購入してから2週間立ちますが買った日に充電して以来一度も充電しておりません。
公式ページには1か月くらいは持ちますよって書いてある為、バッテリー切れのストレスは少ないんじゃないかと思われます。

フィードバックが気持ちいい

どこを押してもカチッという確かな反応があります。
また押し込みに強弱があり、軽く押したとき、強く押したときそれぞれ違う反応が返ってきます。

あとビックリしたんですがこれ、実際に押し込んでるわけじゃないみたいなんですよね。
電源を切ってみると全くクリック感がなくなるんです。
気になって調べてみたところForce Touch機能と呼ばれているらしいです。

 

最後に

正直なところ、個人的に一般的なノートパソコンに付属しているトラックパッドにいいイメージはなくノートパソコンを購入するとUSB等でマウスの接続するとトラックパッドは無効にする設定にしたりしていたくらいしたが、さすがAppleというべきでしょうか、百聞は一見にしかずとも言いますが実際に使ってみないと分からないものですね
ここまで快適だとは思ってもいませんでした。


範囲選択を多用する場合などはマウスのほうが有利ですが、それ以外だとトラックパットのほうが普段使いには向いてるんじゃないかなーと感じました。

 

おまけ(開封写真)

Magic-Trackpad -Box

外装!!!

Magic-Trackpad -Open

中身はライトニングケーブル・本体・マニュアル

Magic-Trackpad -Back

背面には林檎マークが印字されてます。

芸が細かいですね

fake-Lightning-cable

すごくどうでもいいんですが、

私がが3年ほど前iPhone5ユーザーだった時使ってたライトニングケーブルと今回の付属品を比較してみたところ、付属品の方が先が細いことが発覚。

あれ?ライトニングケーブルってマイナーチェンジしたの?って思って調べてみたのですが特にそういう情報はなく、Apple公式サイトにあるライトニングケーブルの純正品の見分け方を見た結果、僕が使っていたライトニングケーブルは恐らく非純正品だということが発覚しました・・・orz

  • 右:付属のライトニングケーブル
  • 左:純正だと思っていたライトニングケーブル

スポンサードリンク