てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

【α7R III】連写速度とAF性能が格段にパワーアップして登場

 

どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

 

今日はソニーから発表されたα7R IIIのご紹介です。

ソニーはα7シリーズの高解像度モデルに位置するα7R IIの後継機であるα7R III を発表しました。

もともとEマウントのフルサイズ機の中でもα7 RIIはバケモノのようなカメラでしたが連写速度やAFが強化され、高解像度と連写速度を両立したさらに死角のないカメラとなりました。

発売は2017年11月25日予定となっております。

 

主な変更点(α7R III・α7R II)

AF(オートフォーカス)性能・連写速度向上

α7R IIIではα9に搭載されている 4Dフォーカス に対応しています。4Dフォーカスでは、従来と比べ瞳AFの追従性能と動体追従性能が約2倍、低輝度でもAF速度が最大2倍になるなど、AFの速度・精度・追従性能が大幅にパワーアップしています。

また、追従AFを使用時の連写速度も向上し10コマ/秒での撮影が可能となりました。

 バッテリー容量の増加

α7R II の採用のNP-FW50と比較し NP-FZ100 では、約2.2倍の大容量バッテリーになっております。

これによって α7R IIIでは、撮影可能枚数や動画記録時間が大幅に向上しております。

SDスロットが2つに

メディア間同時記録、リレー記録、振り分け記録、コピーが可能になりました。

AF-ONボタンの追加

親指オートフォーカス用のボタンが背面の右上に追加されています。

Aマウントレンズ装着時に瞳認識AFが使用可能に

Aマウントレンズ装着時には像面位相差AFに加えて、瞳AFに対応に対応したことでよりAマウントユーザーをEマウントに引き込むことを期待できそうです。

 

スペックの比較

機種  α7R III  α7R II 
有効画素数 4240万画素   4240万画素
センサータイプ

35mm フルサイズ

Exmor R

35mm フルサイズ

Exmor R

ISO感度 100 - 32000 100 - 25600
拡張ISO感度 50 - 102400 50 - 102400
測光輝度範囲 -3~20 -2~20
連写(AF追従) 10コマ/秒 5コマ/秒
シャッター  1/8000 1/8000

ストロボ同調

最高シャッター 

 1/250  1/250
AFポイント     399点  399点
手ブレ補正 5軸ボディ内手ブレ補正 5軸ボディ内手ブレ補正
EVF

 368万ドット

 235万ドット  
背面液晶

144万ドット

タッチパネル対応

122万ドット 
 動画

 4K(3840x2160) 30p、フルHD(1920x1080) 60p

120fps(1920x1080)

 4K(3840x2160) 30p、フルHD(1920x1080) 60p

120fps(1280x720)

顔認識

瞳認識も可

Aマウントレンズ装着時瞳AFに対応

瞳認識も可
Bluetooth 搭載  非搭載
 記録メディア  デュアルSDスロット

(スロット1:SDXC UHS-II対応

スロット2:SDXC UHS-I対応) 

  シングルSDスロット

(スロット1:SDXC UHS-I対応)

インターフェイス  マルチ/マイクロUSB、USB Type-C、HDMIマイクロ(タイプD)、シンクロターミナル USB2.0HDMIマイクロ(タイプD) 
サイズ・重量 126.9 × 95.6 × 62.7mm・657g

 126.9 × 95.7 × 60.3mm・657g 

価格

 37万円前後

33万円前後

連写速度の向上に目が行きがちですが、EVFの性能の向上やインターフェースの充実など細かい部分までしっかりと強化されていますね。

最後に

α7R II は 2015年 8月 7日発売だったので、2年ぶりの更新になります。

IIの時は先に無印のα7IIが出たので、α7R IIIは当分先だと思ってたのですが、まさかの発売で驚きましたがα7IIIはα9との差別化が難しいのが理由ってところですかね。

IIとの価格差は4万円のと悩ましいところですが、スポーツや野生動物をメインなら迷わずIIIを待った方が良さそうですね。

スポンサードリンク