てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

無線機としても有線機としても優秀なヘッドフォン「MDR-1ABT」のご紹介

f:id:teihengrammer:20171227152122j:plain:w300
どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

ブログを書きたいけどネタがない病にかかってしまったので今日はお題スロットを回しまくってたところ、私でも書ける内容のものを引くことができました。

ということで お題「愛用のイヤフォン・ヘッドフォン」 です。

愛用のイヤフォン・ヘッドフォン」ということで今日は私の愛機である「MDR-1ABT」のご紹介です。

MDR-1ABTとの出会い

私がMDR-1ABTを購入したのは今SONYが多数展開しているるH.ear シリーズが販売されて少し経ってからのことです。(MDR-1000XM2などはまだ販売前のころ)

おそらく1年くらい前にで手ごろなヘッドフォンがほしくなったので銀座のソニーストアへふらっと立ち寄った時の話です。

当初は買うならMDR-100ABN辺りかなと思って立ち寄ったのですが、買って帰ったのはMDR-1ABTでした。

MDR-1ABTとMDR-100ABNで悩む

この2つは両機種ともにハイレゾ対応・BlueTooth対応のヘッドフォンですが、 MDR-1ABTとMDR-100ABNには決定的な違いがあります。

そう、MDR-1ABTにはノイズキャンセル機能がついていないのです。当時は値段もMDR-1ABTのほうが高かった・・

それなのに私は MDR-1ABTを買いました。なぜでしょうか?




答えは一つです。音がMDR-1ABTの方が好みだった。


そう、私はMDR-1ABTが作る音に惚れ込んでしまったのです。

無線機としてのMDR-1ABT

私はそれなりに高めのソニーウォークマンを持っており、音楽は有線接続で聴くが当たり前だったのでMDR-1ABTのBlueTooth機能はおまけ程度にしかとらえておらず、購入してからずっと無線機能は使っていませんでした。

そんな私ですが、購入してしばらくたってからMDR-1ABTを無線機として使用する機会が増えました

というのも移動中は基本的にウォークマンで音楽を聴いているのですが、iPhoneのイヤホン端子の廃止によりスマートフォンでゲームをやりたいときなど無線接続を使ってみましたが、これが予想以上に快適だったので利用する機会が最近は増えつつあります。

特に朝の電車ってるときなどは込み具合によってはケーブル類なんかは引っかかるリスクがあるのでベストポジションを確保できなかった時などは、iPhoneウォークマンBlueTooth接続で使用する運用になりました。

MDR-1ABTはLDAC対応機器とBlueTooth接続すれば無線でありながらハイレゾ相当の音質で聴くことができるのも良いです。

最後に

一昔前まではヘッドフォンをオススメされるとノータイムでMDR-1ABT推しておりましたが、残念なことに今すでにソニーストアでの販売は終了してしまっているようです。。
(まだAmazonなどでは販売中)

ですが家電量販店などでMDR-1ABTを試聴できる機会があったら是非手に取ってみてください。


私がソニーストアで味わった感動がそこにあります!!!

おまけ

過去にガジェットブログのほうで書いたレビュー記事も併せてどうぞ
teihengrammer.net

スポンサードリンク