てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

誰でもなれるレート2000越え【どうぶつタワーバトル】

f:id:teihengrammer:20171218161450j:plain:w300
どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。

現在私のレートは2200前半~2100後半くらいを行き来しており、執筆時の順位は639/592660位とそろそろどうぶつタワーバトラーセミプロくらいは名乗っていいのでは?とうぬぼれている私が偉そうにアドバイスとか書いていきます。

2100くらいから1敗の重みが大きくなりなかなか上がりにくくなっていますが、2000くらいまではある程度コツをつかめば上がるのでここに書いてあることを実践すればサクッと到達できるかと思います。

初級者向けアドバイス

とにかく安定行動

とにかくこれにつきます。
低レート帯では序盤からどうぶつを重ねる人が多いですが、動物が置かれていない場所・比較的に平らな場所に動物を配置していきましょう。
1800くらいまでは自滅してくれる方々が多いので安定行動をしていれば勝てます。

動物の重心を覚える

動物を頭や尻から落とした時どちらに倒れるかを覚えましょう。
これを知っているかどうかで置ける幅かかなり違ってきます。

落下の勢いを甘く見るな

動物は落下距離が大きければ大きいほどどうぶつはよく動くので落下には気を付けましょう。
ちょっと不安定かなと思う場合でも落下の勢いがなければ案外何とかなるものです。

ヤギやカメなど小さめな動物はラッキーでもありますが、一方で落下の勢いがつきやすい動物でもあるので驕らずにプレイしましょう

中級者向けアドバイス

どうぶつをタッチしたまま制限時間切れを狙う

寸分の誤差も許されない場面って多々ありますが、指を放すときにブレて負けなんてことは馬鹿らしいです。
そんな時はどうぶつをタッチしたまま制限時間が来ると動物はその場から落下を開始するのでこれを利用して乗せましょう。

ひっかけダメ絶対


この画像のように足と足の間にひっかけて~みたいなプレイを見ますが実はこれ危険だったりします。
初心者の項にも書きましたが落下の衝撃は、足と足にひっかけるプレイは序盤は良いですが後半になってくるとそれをやると衝撃でタワーが崩れる可能性が高めです。

基本は背中から

足から乗せても背中から乗せてもあまり変わらないような場面では、基本的に動物は背中かから落としましょう。(パンダ・オカピ・カバなど)
足から乗せるより背中から乗せたほう不安定になり相手のミスを誘えます。
(動物によっては例外もあります)

崖ひっかけをやるな

パンダや虎などは簡単にできるので狙ってみるのも一興ですが、失敗のリスクが高い動物は基本的にやらないほうが良いです。

最後に

正直に言うとレート2000まではチュートリアルのようなものですがここまでくると無駄に崖に引っ掛けようとして死ぬ人などおふざけでプレイする人が格段に減ってeスポーツと呼んでも過言ではない高度などうぶつタワーバトルが楽しめるようになるのでオススメです。

私とどうぶつタワーバトルやりたい方はついったーでリプライでも飛ばしてください

ではまた!

スポンサードリンク