てへまぐいらんー

どうでもいいこととか書いてく雑記的なブログ。興味があることにはとりあえず手を出してみるよ

スポンサードリンク

なぜぼくはあいふぉーんをつかうのか


どうも、底辺ぐらまー(@teihengrammer)です。


今日何気無い会話の中でなんでiPhone使ってるの?って聞かれました。

その時はあまり深く考えずにデザインが良いからと適当に答えましたが、自分の中で何か引っかかるところがあっていい機会なのでなぜ私はiPhoneを使っているのかを考えてみました。

iPhoneを使うようになったきっかけ

私はもともとはAndroidユーザーでiPhone買うまではずっとAndroidを使っていました。(その前はiPhone

というのも私はスマートフォンに求めることは電子マネーが使えるか?ということが重要な選定基準であったためPhone7以前の機種は非対応であったため、必然的にAndroidが搭載された機種を選ぶといった具合でした。

しかし前述のとおり、iPhone7 の発表でiPhoneにもFeliCaチップが搭載されることになり電子マネーが使用できるようになったこともありちょっと使ってみようかなという好奇心から使い始めてみたのがきっかけです。

OSの違い

続いてOSの違いについてですが、5、6年くらい前は動作の機敏さからiOSの方が好きでしたが、ぶっちゃけ現状は操作性に関してはあまり変わらないんじゃないかなと思っています。

ただAndroidのほうはNFC連携が便利でイヤホンのペアリングが楽だったりデジカメのファイル転送が楽だったりなどなど、家電などとの連携が取りやすい印象なので使いやすさで言えば現状Androidの方が使い勝手で言えば良いのではないかという印象です。
(iPhoneの方でもios11よりNFCAPIが解放されたので近々できる可能性あり)

そんな優れたAndroidですが、機種によってOSの更新が販売メーカーや販売キャリアの裁量次第でアップデートがされたりされなかったりするんですよね。

ここで意識高い人はセキュリティがどうとか言うんだと思いますが、私の場合は純粋に新しいものを使いたいだけです。

32bit・64bitの問題でiOS11のリリースによってiPhone5はアップデート対象から外れましたが、2012年に発売されて以降6年間もサポートされ続けておりました。

まぁ新しいものすぐに欲しくなっちゃうので、6年間同じ機種を使いつづけるってことはなかなかないと思いますがサポートが長い実績はあるので、いつガジェットに興味が失せて新しいものを買わなくなったとしてもある程度安心ができるからといったところです。

次機種変更するとしたら

おそらくiPhone買うと思います。

理由は、AndroidiOSに移行した際に、やはりOSの違いから できること と できなくなること がどうしても出てくるんですよね。

まぁそれを模索しながら自分の環境を作り上げいく作業は嫌いではないのですが、やはり面倒な作業には違いはなくiOSではできない何かに惹かれた時がAndroidへの切り替え時期なのかなと思っています。

個人的にソニーが好きでかなり贔屓にしているので買うとしたらXperiaになるのかなって感じですね。

最後に

長々と書きましたが、興味本位からiPhone買ってみたら環境移行が面倒でAndroidに戻れていないパターンです。

まぁ、Android端末自体には興味があるので近々Android搭載タブレットとか買って触ってみようかなぁと考えていたり考えていなかったりってところですね。

スポンサードリンク